美白になる方法

美しい白い肌になる方法は、今ではたくさんの情報が

ありますが、実はあまりありません。今回はその中の2つを紹介していきます。

それは、

『1、なるべく紫外線を浴びないようにする。』
『2、肌の新陳代謝を上げて、メラニン色素を排出する』

この2つのことが守れていれば、白く美しい肌ができあがっていきます。

では、詳しく説明していきます。


肌の色というのは、メラニンの量によって決まっているということは

ご存知でしょうか。メラニンが多く輩出される人は日焼けしにくく色白で、

メラニンがあまり輩出されない方は日に焼けやすいです。

しかし、現実にはほとんどの人が日に焼けやすい体質で、メラニンが多く

輩出されている人は稀です。(地黒の人は除きます)

そして、メラニンというのは紫外線からお肌を守るために出てくる

防衛生理現象であって、有害ではありません。勘違いしている人がいますが、

メラニンがなければ紫外線を強く浴びてしまいますから、お肌は異常を起し、

場合によっては細胞が死んでしまいます。つまり、色白を目指すのであれば、

メラニンと上手に付き合う必要があるのです。

メラニン色素は肌の新陳代謝と共にアカとなって剥がれ落ちていきますから、

お肌自体のコンディションを整えて新陳代謝を活発にするとよいでしょう。

 

なお、日焼け止めを使用するなら安全なUVカットを使用するのがよいとおもいます。

パックで効果が高いのはローションマスク(美白化粧水をシートに含ませたもの)を

毎日継続してやることです。


逆に塗って乾かして剥すパックはあまりおすすめできません。薄くて柔らかい

皮膜のものなら良いのですが、一般的なものでは剥すときに角質除去の働きも

あわせ持つので過剰にやると肌を傷めてしまうのです。

 

化粧水もたくさんのものが出ていますが、やはりいいものはシンプルです。

化粧水は本来皮膚を保湿し、整え、滑らかにするためにつくられてきましたが、

現在ではファンデーションをつけやすくする目的で用いることもが多いですね。

 

よくないものですと、つけたあとにべっとりとした感覚があって、違和感があります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です