抜け毛

抜け毛の原因の多くは老化、不摂生、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアがほとんどです。しかし、老化で薄毛になるのは70才を超えたあたりですから、ほとんどの女性はこれは当てはまらず、不摂生、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアが理由を占めているでしょう。

近代とともにキャリアウーマンや夜の仕事をする女性が増え、規則正しい睡眠時間を取っている人が減っていることも関係しています。いずれにしてもこういった状況を変えない限り、問題を解決するのは難しいのかもしれません。


十分な睡眠時間をとれない⇒ストレス⇒ホルモンバランスが崩れる⇒抜け毛

こうなると待っているのは悪循環だけです。これに拍車をかけているのが食生活です。最近では極端なダイエットをする若い人が増え、そのせいもあってか20代で悩みをかかえている方もいるくらいです。「痩せたい」という願望は理解できますが、最低限の食事は取らなくてはいけません。おすすめの食材はにんにく、しょうが、ねぎ、唐辛子など体を温め血行をよくする食材で、幸いどれもカロリーが低く、おかずに混ぜて召し上がるなどするとよいでしょう。

また、栄養素をバランス取ることも大切です。髪の毛はタンパク質で出来ていますので、お肉、卵、大豆などのタンパク質が多く含まれる食材をしっかり摂ることが大切になってきます。

さらに頭皮の血の流れをよくするとよいでしょう。血行促進には有酸素運動や頭皮マッサージが有効ですが、忙しい現代人にとって正しい食生活と適度な運動に時間を割くのはなかなか難しくもあります。

シャンプーなどを適切なものに替えるというのも有効な手段の1つです。

 

 

抜け毛の原因は男性も女性も一緒で老化、不摂生、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアがほとんどを占めます。

このうちもっとも深刻な原因を与えているのが不摂生、ストレス、誤ったヘアケアです。現代人のストレスの根は深く、これを取り除くのは容易ではありません。ヘアケアに関しては、多くの育毛シャンプーや育毛剤などが流通していますが、ほとんどのものが添加物が含まれていて、実は洗えば洗うほど頭皮を汚しているのが現状です。

ですからシャンプーを買う場合は「無添加」のものを優先して買うのがよいです。リンスも同様に添加物が含まれていますので、できることならあまり量を使わずに、使う場合にはなるべく頭皮にかからないようにしましょう。

 

無添加頭皮ケアシャンプー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です