育毛

炭酸水をシャンプーに入れて洗うのが育毛効果が期待でき、最近の主流になってきているようです。

<炭酸水を使うメリット>

・皮脂を溶かす働きや毛穴を引き締める効果があり、毛穴汚れや加齢臭対策、育毛効果がある
・洗い上がりがスキッとして、特に夏場などは気持ち良い。

<炭酸シャンプーの作り方>

・炭酸水(コンビニやスーパーに売っているものでOK)・・・50mlほど
・500mlの空いたペットボトル
・シャンプー・・・1~3プッシュ

ペットボトルなどに炭酸水を50ml入れ、シャンプーを直接ペットボトルに2~3プッシュ入れ、ふたをしてよく振り、この炭酸シャンプーで頭を洗うだけ。すすぎはしっかりと。

炭酸水による洗髪に育毛効果が期待できるといわれています。理由は炭酸水で洗髪をするとシャンプーを使用しなくとも、頭皮の皮脂汚れが落ちるからです。

炭酸ガスはたんぱく質に吸着する性質を持っていることから、頭皮の表面に残る古い角質や過酸化脂質など、頭皮に不要なものをたんぱく質に付着して頭皮から引き離し、毛穴に詰まった老廃物を取り除くことで育毛効果が期待できます。

また弱酸性で抗菌作用を持っているので、頭皮に使用すると育毛の妨げとなる原因になっている細菌などを頭皮を痛めることなく抑制してくれるのです。

 

 

現代人の多くが無理なダイエットやファーストフード店、コンビニの進出などにより、育毛を妨げる栄養不足に陥っています。

髪の毛はタンパク質で出来ていますので、お肉、卵、大豆などのタンパク質が多く含まれる食材をしっかり摂ることが大切です。私の場合は亜鉛を含む育毛を助けるもの(牡蠣、レバーなど)も多くとるようにしています。

さらにその栄養を毛乳頭までしっかり届けるという意味で、軽い運動も行っています。統計などはないので確証はありませんが、髪が薄くなる人の多くが不健康な生活をしているように思えます。

いくら食べ物をしっかりしたものをとっていても、睡眠不足や運動不足では栄養素のポテンシャルを最大限に発揮することができません。何事も偏ることなくバランスよくやることで育毛効果があるのだと思います。

 

育毛に悩む女性は600万人を超えていると言われていて、薄毛原因はストレス、加齢、女性ホルモン、食生活などの生活習慣などが主に考えられてます。

多くの薄毛の女性が「びまん性脱毛症」という頭部が全体的に薄毛になり、地肌が透けてくる症状にかかっています。びまん性脱毛症対策で大切なのが「栄養」と「血行促進」なのですが、現代の女性の多くが無理なダイエットなどにより栄養不足に陥っています。

髪の毛はタンパク質で出来ていますので、お肉、卵、大豆などのタンパク質が多く含まれる食材をしっかり摂ることが大切です。そしてその栄養を毛乳頭までしっかり届けるという意味で必要なのが血の流れをよくすることです。

血行促進には有酸素運動や頭皮マッサージが有効ですが、忙しい現代人にとって、正しい食生活と適度な運動に時間を割くのはなかなか難しくもあります。

そういった方には育毛剤の使用をおすすめします。

育毛剤の多くはこの失われつつある「栄養素」を頭皮に与え、血管を拡張して「血液の循環」を改善してくれます。つまり育毛剤1つで全てを解決できるというわけですが、効果があって品質の良い育毛剤を使う必要があります。

巷には多種類の育毛剤がありますが、多くのものが効果がなかったり、中には使うことで症状を悪化させてしまう恐ろしいものもああります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です